環境・飼料・育成
とことんこだわり抜いた自慢の「みやざき地頭鶏」

南九州の温暖な気候のなか、太平洋に面した日向灘にほど近い宮崎県日南市の自然豊かな大地の中で、暑い日も寒い日も、1日も休まず温度や湿度・換気などを細かく調整しながら「みやざき地頭鶏」を育てています。

Facebookを見る
快適な飼育環境で抜群の食味を育みます

地頭鶏は、飼育環境や飼育方法・飼料のほか、ちょっとしたストレスによって大きく食味が変化するデリケートな生きもの。
そのため、鶏舎の面積を広く保ち、ストレスなく快適に過ごせるよう平飼いで常に気を配りながら飼育。鶏舎もオンラインを駆使し、24時間体制で環境管理に努めています。

Facebookを見る
私たちが「こっこ家くまちゃん」です

のびのびと育った自慢の「みやざき地頭鶏」。私たちは、日々、食べていただける皆さんの笑顔を思い浮かべながら、今後もさらなる美味しさの追求と、加工食品の開発に努めてまいります。

Facebookを見る

みなさまの「おいしい」が聞きたくて大事に丁寧に育てた「みやざき地頭鶏」です

南九州の温暖な気候のなか、太平洋に面した日向灘にほど近い宮崎県日南市の自然豊かな大地の中で、暑い日も寒い日も、1日も休まず温度や湿度・換気などを細かく調整しながら「みやざき地頭鶏」を育てています。

地頭鶏は、飼育環境や飼育方法・飼料のほか、ちょっとしたストレスによって大きく食味が変化するデリケートな生きもの。
そのため、鶏舎の面積を広く保ち、ストレスなく快適に過ごせるよう常に気を配りながら飼育。鶏舎もオンラインを駆使し、24時間体制で環境管理に努めています。

またオスはおおむね120日、メスはおおむね150日かけ体に良いものをゆっくりと食べて成長しているため、健康なのはもちろん、地頭鶏ならではの歯応えや、口に入れた途端に広がるジューシーでコクのある食味が育まれるのです。

こうした毎日の積み重ねによって、のびのびと育った自慢の「みやざき地頭鶏」。私たちは、日々、食べていただける皆さんの笑顔を思い浮かべながら、今後もさらなる美味しさの追求と、加工食品の開発に努めてまいります。

みやざき地頭鶏とは

その昔、美味しい地鶏を当時の地頭職に献上していたことが名前の由来とされる、天然記念物「地頭鶏」を原種鶏として、宮崎県畜産試験場川南支場で交雑種の開発に取り組み、平成10年に交配様式を確立し、平成16年に「みやざき地頭鶏」と名称を定めました。

詳しくは「みやざき地頭鶏事業協同組合」へ。
※画像をクリック
https://www.mjitokko.jp/

農場HACCP(ハサップ)認証

農場HACCP(ハサップ)とは、畜産農場における衛生管理を向上させるため、危害要因(微生物、化学物質、異物など)を防止するための管理ポイントを設定し、継続的に監視・記録を行うことにより、農場段階で危害要因をコントロールする手法。この取組みの実施・遵守を行っている農場として、2018年、鶏/肉用・宮崎県初の認証をいたただきました。

こっこ家くまちゃん加工場

精肉加工、調理加工および発送などを行っております。小売り商品の情報は、公式HP、SNSなどでご覧いただけます。近日インターネットショップサイトを公開いたします。

環境・飼料・育成をとことんこだわり抜いた自慢の「みやざき地頭鶏」

当農場においては、初生ひなが入荷し、育雛舎そして生後40日ぐらいから、体育館みたいな高い天井と広い空間の成鶏舎に移動します。

肉質の食感をより美味しくするため、直射日光を当てない室内で、広々と放し飼いで独自の発想により、みやざき地頭鶏の特徴であり、やわらかくジューシーで味わって頂くよう飼育しています。